大阪市淀川区 十三駅 審美歯科 とくなが歯科医院|セラミック、ホワイトニング、その他審美歯科

大阪市淀川区のとくなが歯科医院です。当院ではリラックス歯科治療をおこなっております。

06 -6301-3970
休診日:土曜日午後・日曜日・祝祭日

保険外診療

ほとんどの歯科治療は健康保険で行うことができます。しかし、一部の治療法や使用する材料によっては健康保険が適用されません。

セラミックス(かぶせや詰め物に使用されます)

前歯や糸切り歯は健康保険でも歯と同じ色のかぶせを作ることができますが金属のかぶせの前面をプラスチックで覆ったものです。年月とともに色調の変化や摩耗が生じ、外観が不自然になってしまいがちです。プラスチックのかわりにセラミックスで金属の表面を覆うことで自然な外観を長期間維持することができます(陶材焼付鋳造冠)。 また、金属のかわりにセラミックスの一種で強度に優れたジルコニアなど使用し、その外側を審美性に優れたセラミックスで覆ったオールセラミックスもあります。セラミックスは硬すぎるため加わる力や噛み癖によっては欠けたり、割れたりすることがありますが、審美性では最も優れた材料といえます。

ハイブリッドレジン(かぶせや詰め物に使用されます)

従来から歯の修復に用いられているプラスチック材料にコンポジットレジン(複合レジン)があります。これはプラスチックに無機フィラー(セラミックスなどの微粒子)を配合したものですが、配合するセラミックス粒子などに改良を加え強度と審美性を高めたのがハイブリッドレジンです。ハイブリッドセラミックスとも呼ばれています。歯と同じ色のかぶせや詰め物に使用されます。セラミックスより安価ですが強度が劣り年月とともに色調などが変化するのが欠点です。

金合金・白金加金(奥歯のかぶせや詰め物に使用されます。)

かぶせや詰め物に適した硬さ、強度を発揮できるよう金、銀、パラジウム、銅、プラチナ、他の金属を配合した合金です。使用目的により異なる配合の合金が使用されます。硬すぎず、しかし充分な強度があり、歯を補う材料としては良好な物理的、機械的性質を持っています。欠点は"金属色"をしているため審美性に劣ることです。また、金属アレルギーの原因となる可能性があります。

ノンクラスプ義歯

通常、部分入れ歯は残っている歯に金属のバネ(クラスプ)を引っかけて維持しますが、前歯にバネがかかると見栄えが悪くなってしまいます。ノンクラスプ義歯は金属のバネを使用せず、バネの部分が義歯本体と一体となった特殊なプラスチックでできており、歯ぐきと同じ色にすることができるため審美性に優れています。欠点はバネの強さを調整したり、破損した場合の修理が困難であることです。

金属床義歯

上あごの総入れ歯では上あごの広い部分がプラスチックで覆われるため不快感が伴うことが多くあります。この上あごの部分をプラスチックではなく金属で作ると厚みを薄くすることができ、また熱も伝わりやすいためプラスチックの入れ歯に比べると自然な感覚に近くなります。使用する金属にはコバルト・クロム合金とチタンがあります。欠点は入れ歯の適合が悪くなったとき手を加えることがほとんどできないことです。また、金属アレルギーの原因となる可能性があります。

ホワイトニング

着色や変色してしまった歯の表面を専用ジェルで白くします。専用のマウストレーを作り、自宅で専用ジェルを入れたマウストレーを1日2時間装着していただきます(装着期間は最長2週間です)。手軽な方法ですが着色、変色の程度によっては改善されない場合があります。また、歯の状態によってはホワイトニングに適さないことがありますので事前に詳しい検査を行います。